ワキ脱毛さえあればご飯大盛り三杯はイケる

ムダ毛処理に関するウェブサイトのほとんどで両ワキ脱毛ならミュゼプラチナムを推していますが、ユーザーを取り合っている脱毛サロンはないのかということも心に引っ掛かります。ミュゼプラチナムと同レベルのワキ脱毛がおすすめなのは、エステティックTBC傘下のエピレがあるという事が分かりました。では実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどちらで「両ワキ+Vライン」の脱毛を施術してもらうのか。値段だけ見れば確かにミュゼプラチナムに即決したいと思いがちですが、もっと詳しい情報も調べたいと思いました。その時そこで参考になったのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」のミュゼプラチナムと同様に2つのプランが用意されていますが、どっちも金額設定は同じです。こんな事実を目の当たりにしてしまうと、「両ワキ」限定にこだわるのが意味がなかったとさえ思えてきます。ミュゼプラチナムでは一番人気の脱毛プランは「両ワキ」と「Vライン」がセットになったコースです。期間も回数も無制限でその後一切の料金は全然必要ないそうです。おまけに費用はたったの100円で、「両ワキ」1部位だけだと3
600円もします。割引のあるweb予約をしても2
600円と金額の差は比較するまでもありません。最初の方針とはちょっとだけ違う方に進みますが、これも下調べをきちんとした結晶だと前向きに納得します。なにはともあれ近い将来契約するんだったら、オトクなプランが利用可能な今併せてやっておくべきだと判断するのはいたって普通のことです。でも初めてサロンでムダ毛処理をしてもらう私はこの真相を知ったことで新しいハードルに出くわします。Vラインの脱毛が真面目にとんでもなく恥ずかしいです。でも現実問題としてVラインもワキと同等に自己処理をしないわけにはいきません。勝負下着やトレンドの水着から飛び出しそうな状況は回避すべきだとも思います。脱毛サロンでムダ毛処理してもらうことを思い立った私は、まずはワキ脱毛から契約してみようと思いました。ワキ脱毛で評判のいい脱毛サロンを調べていると、100%と言っていいほど出てくるところがありました。日本全国で桁違いの店舗数を誇り、通っている人も断トツのミュゼプラチナムです。けれども今回は完全にワキ脱毛に限定してからの脱毛サロン選びです。揺れる気持ちをグッと堪えながら詳細の読み込みを進めていきます。ワキ脱毛のプランを各社で比較していくうちに、全く想定もしていなかったことにぶつかりました。それは、「ワキ脱毛単体だけだと損?」ということです。エピレはミュゼプラチナムと比較すると全体の店舗数も少なく、本音を言えば全国的に有名な脱毛サロンと言うほど知名度はないかもしれません。とはいうもののエピレでは、私のような脱毛初心者へのハードルを低くした専用のお試しコース的なプランが用意されていて、とても好感触です。エピレの初心者のために設けられたコースはファーストプランという名称で、人生でたった1回しか使えないスペシャルなプランです。バラエティ豊かなラインナップで全5種類用意されていたと思いますが、それを見ていると両ワキ以外のパーツの脱毛にも関心が傾いていきそうなほど魅力的で、決断がグラついてしまいそうです。

ミュゼの脱毛コースは部分脱毛から全身脱毛まで揃っています

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ