結婚相手の浮気が発見された時

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、結婚生活を続けていいのかどうか選択に困りますよね。
そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。ところが、探偵に頼むと結構なお値段なので、誰でも容易に依頼することのできることではありません。
探偵に浮気の調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ料金はまちまちなので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。相手が信頼できなくなってしまったら一生共に生活することはそのストレスはかなりのものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば二人が別れることは間違いないでしょう。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。
子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるようです。
また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用を算出します。
短い期間で浮気調査を終えると請求額も少額となります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ