離婚も辞さないつもりで

離婚も辞さないつもりで、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、大きい揉め事の原因になりうるので、できるだけ避けましょう。
信頼している人を連れて行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
結婚した人の不倫を調査を探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって相談します。時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、浮気調査を行った期間が長期にわたれば調査費用が高額になるでしょう。興信所などによって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みひどい状況に陥るのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというストーリーもよく使われます。
浮気の現場を直接つかまえるのも選択肢の一つです。
別れる決心がついている場合は、やってみる手もあるでしょう。探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、予想外の出来事が出てくるのが実際で変に思われず相手を見張り続けるというのは簡単じゃありません。
気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。
あったことをなかったことにさせないためには、プロに浮気調査をお願いするべきです。
本人に気づかれないようにして、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。
浮気の現場をカメラにおさめても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、超小型のカメラを用意するなどして相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ